記事一覧演奏会展覧会イベントメディア紹介お知らせ

●昨年に続き、パリ日本文化会館にてソロ演奏会決定(2018年11月23日午後15:30~、17:00~)


大変光栄なことに、昨年に引き続き、今年もパリ日本文化会館にて演奏会決定しました。
現在、パリ日本文化会館では「縄文-日本における美の誕生」展が開催されており、
そのプログラムの応援企画として在フランス日本大使館の後援を受けて、茂呂剛伸の縄文太鼓ソロ演奏会が決定しました。
パリ在住の皆様、是非ご来場頂ければ嬉しいです。
または知人友人がパリにいらっしゃる皆様は是非、イベント情報を周知頂ければ嬉しいです。

パリ日本文化会館 https://japonismes.org/officialprograms/「縄文」展

GOSHIN MORO LIVE
Collaboration entre le taiko Jomon  Lieu: Maison de la Culture du Japon à Paris.
日時:11月23日金曜日 午後15:30~、17:00~ 
Vendredi 23 novembre15h30 / Vendredi 23 novembre17h30 / 20 minutes 2 étapes

入場料:無料  Entrée libre
開催場所:パリ日本文化会館館内 Lieu: Maison de la Culture du Japon à Paris.
Contact: moro-t@mirai-t.com

茂呂の縄文太鼓は、世界の闇を切り裂き、民族との共和を指向する「いのちの器」である。茂呂は縄文遺跡の「土」、つまり縄文人の血と肉がいまも息づいている「土」を混ぜ捏ね合一させ、エゾ鹿の皮を張って、一体の縄文土器太鼓を誕生させた。さらにいえば、未来を切り開くことになる、新しい「芸術の形」をはっきりと開示していることを確信したい。
Le tambour Jomon de M.MORO transperce la noirceur du monde et représente "l'instrument de la vie" qui aspire à l'harmonie entre les peuples.
M.MORO mélange et unifie "la terre"des ruines Jomon ou autrement dit "la terre" où habite encore aujourd'hui le sang et la chair des gens de Jomon. Il tend du cuir de cerf ezo sur les tambours et fait naître les tambours Jomon.
Pour en dire plus, ce concert transpercera le futur et "une nouvelle forme d'art" sera assurément offerte au public.

縄文太鼓、ジャンベ:茂呂剛伸 2013年5月18日には、60年に一度行われる出雲大社「平成の大遷宮」にて奉祝奉納演奏を行った。縄文太鼓の演奏と制作を通じ、日本が誇る縄文文化の素晴らしさを発信する活動を行っている演奏家である。
Taiko Jomon, jembe: MORO GOSHIN
Le 18 Mai 2013, nous avons fait un concert au temple Izumo pour célébrer les 60 ans de sa restauration.
Au travers "du concert de taiko Jomon et de sa fabrication" nous sommes des interprètes qui effectuent des activités de diffusion de la splendeur de la culture Jomon dont sont fiers les Japonais.


パリ日本文化会館 茂呂剛伸演奏会イベントデータ(2018 11・23).pdf

 

 

 

知る
・縄文太鼓について
見る
CD
定期演奏会
個展
動画
DVD
学ぶ
・レッスン
・スタジオ(準備中)
トピックス
プロフィール
プロフィール
これまでの活動
メディア紹介
お問い合わせ
         
Copyright(C) GOSHIN MORO 2012-2014
Designed by Yuuki URYU (19761012)