茂呂剛伸後援会
 

プロフィールこれまでの活動メディア紹介お問い合わせ

ジャンベ太鼓・縄文演奏家
自ら制作した土器の太鼓「縄文太鼓」をジャポニズムとアフリカンを融合した独自の演奏スタイルで独奏する太鼓演奏家。
銀座での個展を初め、CDメジャーデビュー、2013年には60年に一度行われる出雲大社「平成の大遷宮」にて奉祝奉納演奏を行った。
「縄文太鼓の演奏と制作」を通じ、北海道から世界に向けて北海道の縄文芸術や縄文文化の素晴らしさを発信する活動を行っている演奏家である。

●縄文太鼓とは
約15,000年前から約2,500年前まで続いた縄文時代、とりわけ北海道の縄文時代は長く続き、続縄文時代とよばれている。
自然をコントロールすることなく狩猟・漁労・採集・栽培を上手に組み合わせて生活を営んでいた。彼らの自然に対する畏敬の念や自然との共生は、環境汚染やエネルギーなどの問題を招いた現在人が一番学ぶべき文化ではないだろうか。
茂呂の縄文太鼓は北海道江別から出土された約4,500年前の土器をモチーフとしている。出土する土器の中には上部に複数の穴の空いたものも発見され、専門家の中には穴を利用し皮を張り楽器として使用していたとのロマン的な仮説が登場した。
仮説の信憑性はさておき、私はその縄文土器を復元し太鼓として演奏することを創造した。古の記憶を新たな創造性により現在に投げかけることで、産業革命以来我々が置き去りにしてきた大いなるアミニズムをその悠久の響きに語らせ続ける。

●略歴
1985 鼓章流どさんこ太鼓に入門し、世界各都市で演奏活動を行う。
1998 西アフリカ発祥のジャンベ太鼓を始める。
2000 西アフリカ、ガーナ共和国に移住し、修行の日々を送る。
2005・2007 「融05、融07」ハンブルグ・パリオペラ座公演 東京・新国立劇場公演
2009 詩人・札幌大学名誉教授 原子修氏との出会い、江別で出土した縄文土器の複製(江別土器の会作)と蝦夷シカ革を使い「縄文太鼓」を製作し、演奏活動を始める。
2009〜 YOSAKOIソーラン祭りでは新琴似天舞龍神とコラボレーションを行う。
2010〜 苫小牧信用金庫主催にて「苫小牧アッペナイの森の音楽会」を行う。
2010〜2011 青森県の依頼により「青森三内丸山遺跡」にて「縄文太鼓」の演奏を行う。
2011 サッポロ未来展(北海道立近代美術館) 自作の土器製「縄文太鼓」出品展示し演奏する。
2011 横浜国際芸術祭(横浜トリエンナーレ)特別連携企画「banky art?」にて演奏。
2012 ベルリン在住のピアニスト福田ハジメとのユニットDJEMP(ジャンピ)を結成し、 CDメジャーデビューを果たし、レコ発を札幌コンサートホールkitaraにて行う。
2013〜14 2年連続で東京都美術館(上野)「Ezotic ART 蝦夷的藝術」にて演奏。
2013 60年に一度の出雲大社「平成の大遷宮」にて奉祝奉納演奏を行う。
2013 ソロCD「JOMON DJEMBE甲牛」リリース。
2014 ギャラリーCAI02にて「アベーテロッソ解読展」8日間連続公演を行う。
2014 札幌国際芸術祭連携企画にて札幌時計台ホール7日間連続公演のプロデュ―ス及び 演奏を行い、7日間で延べ700名の動員を達成する。
2015 札幌コンサートホールkitaraにてDJEMP(ジャンピ)ニューイヤーコンサートを 昼夜2公演行う。
2016 3月26日 北海道新幹線開業祝賀会にて、縄文太鼓を奉祝演奏する。
2016 7月15日 南フランス アヴィニョン演劇祭教皇庁前庭にて演奏。
2016 8月5日〜6日二日間、札幌市「芸術の森開園30周年記念事業」にて現代的な盆踊り「BONダンス」の総合演出を行い大勢の海外からの参加者にも好評を得る。
2016 10月開催の日本ASEANアジア経営者会議にて縄文太鼓とアイヌ伝統音楽との歓迎ステージの総合演出を行い、アジア各国からの参加者に好評を得る。
2016 11月1日〜5日 北海道立近代美術館メイン展示室にて日本画岩橋英遠作「道産子追憶の巻」オマージュ公開作曲演奏会を行い、最終日には約40分の大曲を描くことに成功する。
2016 11月16日〜26日 写真家 露口啓二と茂呂剛伸二人展をCAI02にて行い、ユネスコ世界遺産候補の北海道の縄文遺跡群にて採取した土で縄文太鼓を制作展示し、会期中は10日間毎日演奏会を行う。
2015〜16 札幌市時計台ホールにて大晦日ジルべスターコンサートの総合演出を行い、大晦日だけで来館者3,000名を記録し、中国、台湾、韓国、香港、タイ、など外国人観光客600名以上がコンサートにも参加し大成功を収める。

●受賞
2010 「北海道陶芸展」新人賞

●個展 2011 札幌・北海道立近代美術館 サッポロ未来展「縄文太鼓」
2012 銀座・galleryQ「縄文DJEMBE」
2012 札幌・茶廊法邑「縄文太鼓」
2014 苫小牧市美術博物館「縄文太鼓」
2015 上野・東京都美術館「縄文太鼓」
2016 札幌・CAI02「露口啓二 茂呂剛伸二人展」


Djembe musician, Jomon djembe artist
MORO Goshin


He performs drums called “Jomon-daiko”, which are made of Hokkaido deer skin and earthenware made by him, in the unique style mixed of Japonism and African.
He held a solo exhibition in Ginza, made his major debut and released a solo CD. In 2013, he dedicated his performance to the festival “Heisei-no-dai-Sengu”, one of periods of massive repair work conducted in every 60 years at Izumo Grand Shrine.
Through his performance and production of Jomon-daiko, he introduces the splendor of Jomon art and culture of Hokkaido to the world.

[About Jomon-daiko(drum)]
The Japanese ancient period, Jomon period, was from about 15,000 years to about 2,500 years ago in Japan. Especially it lasted long in Hokkaido and is called Zoku-Jomon period. The Jomon people lived in a good combination of hunting, fishing, gathering and farming without controlling nature. As we cause environmental pollution and energy shortage, the people of today should learn the most from their culture, their feeling of awe and respect towards nature, and their life style of co-existing with it.
Moro’s Jomon-daiko are designed in the motif of the 4,500-year-old earthenware found in Ebetsu city in Hokkaido. Because few of them have halls on their tops, some experts built a romantic hypothesis that Jomon people attached animal skins to the earthenware using these halls and played them as musical instruments.
Apart from the reliability of the hypothesis, he reproduced the Jomon earthenware and created it as a drum. With this creation, he makes the ancient memory hit the present and let our great animism, the primitive religion that we have left behind since the Industrial Revolution, talk to the eternal sound.

[Biography]
1985 Became a disciple of a school of Japanese drums, “Koshoryu-Dosanko-Daiko” and performed in several cities in the world.
1998 Started to perform Djembe drums originated in western Africa. 2000 Moved to Republic of Ghana in western Africa to receive training days.
2005, 2007 The show “YUH05” Hamburg and the Op?ra national de Paris at New National Theatre, Tokyo.
2009 Met Osamu Harako, a poet and a professor emeritus at Sapporo University, Moro started to create “Jomon-daiko” using Hokkaido deer skin and the reproductions of Jomon earthenware found in Ebetsu that were reproduced by “Ebetsu Doki no Kai”, and started to perform the drums.
2009- Collaborated with “Shinkotoni Tenburyujin” at Yosakoi Soran Festival.
2010 Performed at “Tomakomai Appenai Forest Concert”sponsored by Tomakomai Shinkin Bank.
2010-2011 Performed “Jomon-daiko” at “Aomori Sannai-Maruyama site” at the request of Aomori prefecture.
2011 Submitted and performed “Jomon-daiko” made by him to the “EXHIBITION: SAPPORO MIRAI” at Hokkaido Museum of Modern Art.
2011 Performed at “banky art ?”, an event cooperated with Yokohama Triennale; an International exhibition of contemporary art held in Yokohama.
2012 Formed a group “DJEMP” with Hajime Fukuda, a pianist living in Berlin, and they made their major debut and released a CD, and also performed at Sapporo Concert Hall Kitara.
2013-2014 Performed at “Ezotic ART: Ezoteki Geijutsu” of Tokyo Metropolitan Art Museum, Ueno, Tokyo for 2 years in a row.
2013 Dedicated his performance to “Heisei-no-dai-Sengu”of Izumo Grand Shrine that was conducted in every 60 years.
2013 Released a solo CD ” JOMON DJEMBE Kinoe-uma”.
2014 Performed “Exhibition of decipherment Abete Rosso” during an eight-day run at Gallery CAI02.
2014 Produced and performed at a seven-day- run show at Sapporo Clock Tower as a collaborative program of Sapporo International Art Festival. As the total number of the audience, 700 people came to the show.
2015 Performed “DJEMP New Year Concert” at Sapporo Concert Hall Kitara twice in a day.
2016 Performed at the opening ceremony of Hokkaido shinkansen, a Japanese bullet train service on March 26th.
2016 Performed at the courtyard of The Popes' Palace during the Avignon Festival in southern France on July 15th.
2016 Directed a contemporary bon-festival-dance “BON dance” at the Sapporo Art Park 30th anniversary event, and the performance met with a favorable reception by many international visitors on August 5th and 6th for two days in a row.
2016 Directed a performance of Jomon-daiko and Ainu traditional music to welcome the participants at 42nd ASEAN-Japan Business Meeting, and met with a favorable reception by them from Asian countries.
2016 Held an open musical composition that made a homage to a Japanese painting by Eien Iwahashi “Dosanko Tsuioku no maki”at the main exhibition room of Hokkaido Museum of Modern Art from November 1st to 5th. On the final day, he achieved to compose a forty-minute-long grand scale music.
2016 Held a two-man exhibition of Keiji Tsuyuguchi, a photographer, and Moro Goshin at Gallery CAI02 from November 16th to 26th. He created and exhibited the “Jomon-daiko”which were made of clay from the Jomon Archaeological Sites, a UNESCO’s World Heritage candidate, in Hokkaido. During the exhibition, he performed each day during the ten-day exhibition.
2015-2016 Directed a Silvester Concert on new year's eve at Sapporo Clock Tower. The concert successfully marked a record high of 3,000 visitors for just one day, and also over 600 of them from China, Taiwan, Korea, Hong Kong and Thailand took part in the show.

[Awards]
2010 The new face award of Hokkaido ceramic exhibition.

[Solo Exhibition]
2011 “Jomon-daiko”at EXHIBITION: SAPPORO MIRAI of Hokkaido Museum of Modern Art, Sapporo
2012 “Jomon DJEMBE” at gallery Q, Ginza
2012 “Jomon-daiko”at Saro Houmura, Sapporo
2014 “Jomon-daiko”at Tomakomai City Museum
2015 “Jomon-daiko”at Tokyo Metropolitan Art Museum, Ueno
2016 “A two-man exhibition of Keiji Tsuyuguchi and Moro Goshin” at Gallery CAI02, Sapporo

 


茂呂剛伸は幼少時から和太鼓奏者として世界各都市で演奏活動を行ってきました。2000年にはガーナ共和国に渡り演奏と太鼓制作を学び、その経験をもとにジャポニズムとアフリカンを融合した独自の演奏スタイルを創造。また、北海道の原土と蝦夷シカの革を用いた縄文太鼓を制作し美術館などで展示を行う活動を行っています。2010年と2011年には青森県の依頼で世界的な縄文遺跡「青森三内丸山遺跡」にて縄文太鼓を演奏しました。また、YOSAKOIソーラン祭りの「新琴似天舞龍神」にも参加しています。

     
             
     

 

メディア紹介

【最近のメディア紹介・出演から】
●2014/6/18 STV札幌テレビ放送 午後18:40頃放送
 「どさんこワイド179」の道内ニュースで「縄文太鼓」の特集コーナー 司会 福永俊介さん
●2014/5/17 北海道新聞 朝刊「母校に響く縄文太鼓」の記事
●2014/5/4 AIR―G' FM北海道80.4 午前8:30放送「にこにこぎゅっ」出演 司会者 千葉ひろみさん、ひだのかな代さん
●2014/3/17 TVHテレビ北海道 午後17:13放送「道新ニュース 茂呂剛伸特集コーナー」リポーター 千葉真澄さん
●2014/3/10 北海道新聞 朝刊「札幌円山動物園絶滅危惧種繁殖行動誘発演奏」の記事

【これまでのメディア紹介・出演一覧】
《新聞各社》
●1999年 6月13日 アメリカ・オレゴン新聞
「札幌・ポートランド姉妹都市40周年記念ローズフェスティバル」
●2009年 5月15日 北海道新聞 朝刊
「縄文太鼓作製」
●2009年 7月 2日 毎日新聞  朝刊
「毎日新聞50周年記念シンポジウム演奏会」
●2009年 7月26日 毎日新聞  朝刊
「毎日新聞50周年記念シンポジウム演奏会特集記事」
●2009年 8月21日 北海道新聞 朝刊 一面 卓上四季
「縄文太鼓の活動」
●2009年 9月 3日 北海道新聞 朝刊 現代 かわら版
「縄文太鼓演奏家」
●2009年12月19日 北海道新聞 夕刊 こどもしんぶん
「小学生120人への縄文太鼓制作指導・演奏指導」
●2010年 1月 1日 北海道新聞 朝刊
「縄文詩劇・未来からの声」
●2010年5月7日 北海道新聞 朝刊
「縄文音楽ミニライブ」
●2010年5月14日 毎日新聞 朝刊
「ジャンベ太鼓教室」           
●2010年5月29日 北海道新聞 朝刊
「縄文ダンス・縄文音楽」
●2010年7月8日 北海道新聞 朝刊 現代 かわら版
「ICCクリエイターファイル 手鼓 太伸世流 初代宗家 茂呂剛伸」
●2010年7月20日 日刊スポーツ 
「north style ジャンベ+縄文土器=豊かな心」
●2011年11月25日 北海道新聞 夕刊
「詩劇「縄文の夜明け」を上演してよみがえった先人の魂」
●2012年3月6日 北海道新聞 朝刊
「こだま 円山動物園ワニの繁殖行為を太鼓の音や振動で促す実験」
●2012年3月6日 読売新聞 朝刊
「円山動物園 太鼓でワニの恋心に火」
●2012年7月18日 北海道新聞 朝刊
「「縄文太鼓」大地の響き〜銀座個展の記事」
●2012年7月31日 苫小牧民報
「苫小牧市文化公園アートフェスの記事」
●2010年8月8日 北海道新聞 朝刊
「小樽市美術館での縄文太鼓演奏の記事」
●2012年9月6日 北海道新聞 夕刊
「ピアノとジャンベ融合 オリジナル曲CD制作着々の記事」
●2012年11月19日 日刊スポーツ 
「DJEMP北海道の魂発信 11月21日キタラ公演の記事」
●2012年12月10日 北海道新聞 夕刊
「DIEMP 初アルバムの記事」
●2013年2月23日 北海道新聞 朝刊
「絶滅危惧種ワニを太鼓演奏で繁殖促進実験の記事」
●2013年2月23日 毎日新聞 朝刊
「絶滅危惧種ワニを太鼓演奏で繁殖行動実験の記事」
●2013年7月17日 北海道新聞 朝刊
「縄文太鼓 島牧村の小中生に制作と演奏を指導の記事」
●2013年9月8日 北海道新聞 朝刊
「野外美術楽しむハルカヤマ要塞の前夜祭での縄文太鼓お祝い演奏の記事」
●2013年11月3日 北海道新聞 朝刊
「北の美しい縄文美を求めて、北の縄文道民会議演奏の記事」
●2014年3月10日 北海道新聞 朝刊
「札幌円山動物園絶滅危惧種繁殖行動誘発演奏の記事」
●2014/5/17 北海道新聞 朝刊
「母校に響く縄文太鼓」の記事

《テレビ各社》
●2011年3月9日 NHK札幌放送局 午後18:40放送
「ジャンベ教室」「ネットワークニュース北海道 司会者 登坂淳一さん・寺門亜衣子さん」
●2011年4月23日 NHK札幌放送局 午前11:00放送
「つながる@きたカフェ出演 司会者 増子有人さん・藤井聖子さん」
●2011年7月14日 UHB北海道文化放送 午後17:55放送
「スーパーニュース 茂呂剛伸特集コーナー(8分間) 司会者 京谷さん・松本さん」
●2012年11月29日 HTB北海道テレビ放送 午後4:00放送
「夕方【イチオシ】 茂呂剛伸特集コーナー(10分) 司会者 ヒロ福地さん、森さやかさん」
2012年12月5日 【イチオシ!モーニング】でも再放送頂きました。
●2013年5月9日 NHK札幌放送局 午後18:40放送
「陶芸家茂呂剛伸 出雲大社で演奏」
「ネットワークニュース北海道 司会者 登坂淳一さん・寺門亜衣子さん」
●2014年3月17日 TVHテレビ北海道 午後17:13放送
「道新ニュース 茂呂剛伸特集コーナー リポーター千葉真澄さん」
●2014/6/18 STV札幌テレビ放送 午後18:40頃放送
 「どさんこワイド179」の道内ニュースで「縄文太鼓」の特集コーナー 司会 福永俊介さん

《ラジオ各社》
●2011年3月30日 AIR-G' FM北海道80.4 午後14:00放送
「LIEF出演 司会者 北川久仁子さん」
●2012年3月8日 AIR-G' FM北海道80.4 午後12:30放送
「サッポロワンダー ポロピン出演 円山動物園 ワニへのラブソング」
●2012年4月29日 HBCラジオ AM 午前9:30放送
「ほっかいどう元気びと出演 司会者 村井裕子さん」
●2012年7月10日 FM NORTH WAVE  FM82.5 午後12:30放送
「スマイルマルシェ出演 司会者 須摩智子さん」
●2012年11月29日 FM NORTH WAVE FM82.5 午後12:00放送
「チアラジ!〜Cheers Radio〜出演 司会者 奥かおるさん」
●2013年1月8日 AIR―G FM北海道80.4 午後20:00放送
「蝦夷Groove Ezo Do Music出演 司会 山内明光さん」
●2013年1月6日、1月13日、2週連続放送HBCラジオ 午後21:00放送
「多恵子の今夜もふたり言にDJEMPで出演 司会 河原 多恵子さん」
●2013年5月16日 FM NORTH WAVE FM82.5 午後12:00放送
「出雲大社奉納 チアラジ!〜Cheers Radio〜出演 司会者 奥かおるさん」
●2014年2月27日 AIR-G' FM北海道80.4 午前10:00放送
「ゲスト茂呂剛伸 brilliant days出演 司会者 北川久仁子さん」
●2014/5/4 AIR―G' FM北海道80.4 午前8:30放送
「にこにこぎゅっ」出演 司会者 千葉ひろみさん、ひだのかな代さん

《雑誌等各社》
●2010年 2月 1日  月刊ウィングSapporo 2010年3月号
「北の匠シリーズ 太古の響きで北海道に明日の息吹を」
●2010年 3月28日 STATUSDESIGN No.09
「STATUS PARTY 02」
●2011年6月9日 北海道新聞 朝刊 どうしん生活情報誌「札歩路」
「ART STAGE PICK UP!縄文太鼓を北海道から世界へ発信」
●2012年7月3日 月刊コンサドーレ(北海道新聞社)7月号
「曽田雄志×茂呂剛伸」対談
●2012年7月12日 北海道新聞 朝刊 どうしん生活情報誌「札歩路」
「縄文太鼓個展のご案内」
●2012年8月12日 朝日新聞 AFCプレミアムプレス 表紙
「縄文ジャンベが聞えるの記事」
●2012年10月号 小樽学 北海道大学観光高等研究センター 石森秀三様
「縄文文化を現代に活かす観光学に関する記事」
●2013年4月29日 Arbeit Hokkaido「アルキタ」
「ヒトとシゴトが出会う時 コレ!と決めたら 一直線 茂呂剛伸特集」
●2013年9月1日 地域新聞ふりっぱー 9月号
「言葉を超えるからこそ、その土地で生まれた楽器を。茂呂剛伸特集」

《メッセージ》
☆2012年7月9日
「北海道知事 高橋はるみ様からの個展応援メッセージ」
☆2012年11月21日
「北海道 縄文世界推進室 室長村井篤司様より応援メッセージ」
☆2013年5月吉日
「出雲大社 縄文太鼓御神納書」

これまでの新聞・雑誌等のメディア紹介記事をまとめてご覧いただけます。
>> PDF(59ページ 6.4MB)

最新の情報は[トピックス]でもご紹介しています。
>> トピックス|メディア紹介

 


「演奏依頼」
を受け付けております。
演奏希望日時や会場規模など諸条件をお聞きしてお打ち合わせさせて頂きます。
演奏の他に「ジャンベ教室(道新文化センター)」・「ジャンベの革の張り替えやチューニング」・「老人介護施設等ので訪問ワークショップ」・「しもでメンタルクリニック、デイケアの音楽プログラムによるグループセッション(日本音楽療法学会正会員)」・「縄文土器太鼓制作指導」・「雑誌新聞の取材やCM・TV番組の出演、」・「学校や勉強会での講師」なども承っております。
どうぞ、お気軽にお問合せ下さい。

株式会社オフィスモロ 
電話 090-2874-7541
FAX 011-200-2113
メール moro-t(atmark)mirai-t.com*atmark=@にしてください


 

 

知る
・縄文太鼓について

見る
個展・展覧会
CD
定期演奏会
動画
DVD

学ぶ
・レッスン
トピックス

プロフィール
プロフィール
これまでの活動
メディア紹介
お問い合わせ

茂呂剛伸後援会

         
Copyright(C) GOSHIN MORO 2012-2015
Designed by Yuuki URYU (19761012)